産地を訪ねて/ガゴメ昆布漁の現場を訪ねて、北海道大澗漁港を訪ねます


限られた出漁のチャンス、力と技の競演

マッカの写真
解禁当初は誰でも量をとれる。出漁をこなして昆布の量が減ってくると、
経験と技術がものを言うね

ガゴメ昆布と真昆布の漁は、7月下旬の解禁日から約3ヶ月間で15~20回程度という、
ごく限られたチャンスしかありません。
採取できる資源量が限られ、その日の内に天日干しが必要なために午後も晴天であること、
しかも波、潮、風の条件が揃った日だけに出漁が可能なのです。

マッカ(写真参照)だと根ごととれるから、
そこに胞子がついて次の昆布が生えやすくなる

鎌で昆布の根元近くを切りとる人もいますが、増輪さんはマッカ派。
よく“しなる”特殊樹脂製のマッカで、水深7~8mの岩礁に根をはるガゴメ昆布をねじって、はぎとります。

沢山とれる時は、マッカをねじると“メキメキメキ”って重たい手応えがある

マッカによる昆布との力比べの最中も、海面だけ見ているわけにはいかないそうです。

漁の最中は、常に周りの舟のマッカを気にしてる
あたっても文句は言えないし、それは他の漁師も一緒のこと

揺れる舟から身を乗り出し、水中眼鏡の柄を口でくわえて海底に狙いを定め、全力でマッカをねじりながら、
頭上にも目を配る。まさに職人技の領域です。
何十艘もの舟から全長5mのマッカが天に伸び、「力」と「技」が繰り広げられる昆布漁には、
静かな中にも独特の『迫力』があります。

  • ガゴメ昆布は、函館の海の恵み
  • 健康への貢献がやりがい

産地を訪ねて トップへ戻る

▲ページの先頭へ戻る

TaKaRa健康通販ではガゴメ昆布の強力なネバリ成分「フコイダン」を含んだサプリなどをご紹介しています。
TaKaRaフコイダンシリーズのご購入ならTaKaRa健康通販。