健康の伝承「昆布ロード」/昆布がいつごろから食べられ、どのように広まっていったのかをご紹介します


薩摩藩の財政危機を救った昆布の力

昆布ロード

当時財政危機に陥っていた薩摩は、密貿易によって藩政立て直しを画策していた。
ほぼ属国状態であった琉球を介して清と貿易し、当時は大変な貴重品であった漢方の材料を大量に輸入することで莫大な利益を得、そしてその漢方薬が富山商人によって全国各地へ運ばれたのである。
その清への輸出品として最も求められたのが昆布だった。

三角貿易の中継点だった琉球にこうして昆布がもたらされ、北海道―福井―大阪―鹿児島―沖縄という、壮大な昆布の流通経路、「昆布ロード」が成立した。

当時の琉球において、昆布はまだ貴族階級だけのものだったろうが、宮廷料理という形で食卓に上り、
それが現在の沖縄の昆布食文化の基礎を作っていったことは間違いない。

昆布ロード トップへ戻る

▲ページの先頭へ戻る

TaKaRa健康通販ではガゴメ昆布の強力なネバリ成分「フコイダン」を含んだサプリなどをご紹介しています。
TaKaRaフコイダンシリーズのご購入ならTaKaRa健康通販。