健康の伝承「昆布ロード」/昆布がいつごろから食べられ、どのように広まっていったのかをご紹介します


昆布はどのように流通していったのか

加速する昆布流通

江戸時代に入り、河村瑞賢(ずいけん)によって西廻り航路が開かれると、昆布流通はさらに加速した。
福井県の敦賀を経由してさらに日本海を進み、下関をまわって大阪に入るルートができた。
これによって、京都を経由せず堺などの港に直接昆布が入るようになり、関西一円に流通するようになった。

さて、江戸時代に入り蝦夷は松前藩となっていたが、西廻り航路が発展し、北前船によって松前からの海産物が全国へますます流通するようになった。
その交易において大いに活躍したのが、近江商人と富山の薬商であった。室町時代、京都への中継点であった近江の商人たちは、持ち前の行動力によって大阪ルートの物流の中心を担った。

一方、薬という特殊な品を商うため、例外的に全国を自由に行動することを許されていた富山の薬商は、九州へも進出していった。その富山商人に目を付けたのが薩摩藩だった。

昆布ロード トップへ戻る

▲ページの先頭へ戻る

TaKaRa健康通販ではガゴメ昆布の強力なネバリ成分「フコイダン」を含んだサプリなどをご紹介しています。
TaKaRaフコイダンシリーズのご購入ならTaKaRa健康通販。