健康の伝承「昆布ロード」/昆布がいつごろから食べられ、どのように広まっていったのかをご紹介します


昆布はいつごろから食べられていたのか

貴重品だった昆布

日本人は昆布をいつごろから食べていたのだろうか。
一説では縄文時代から食されていたというが、四方を海で囲まれていることを考えれば不自然なことではない。

しかし、当時の食生活は木の実や獣肉、魚介類が中心であって、また当時これらの食材はかなり豊富にあったと推定されており、海藻類はほんの補助食品だったと考えられる。
歴史上、昆布に関する最も古い文献記録は『続日本紀』であり、715年、蝦夷(えぞ)の酋長は朝廷に対し、「先祖代々、夷布(えびすめ=昆布)を献上し続けている」とある。
当時の昆布は、まだ日本の一部になったばかりの蝦夷地から、わざわざ朝廷まで運ばれた貴重品だったのである。

平安時代に入り、昆布は貴族の宴席に欠かせない品となっていったが、室町時代にはその流通がさらに活発になっていった。
徐々に日本海側の航路が整備されていく中、蝦夷から福井県の小浜に入り、そこから山を越え、琵琶湖をわたって京都に入るようになった。これによって北海道と北陸を結ぶルートがまず確立された。

昆布ロード トップへ戻る

▲ページの先頭へ戻る

TaKaRa健康通販ではガゴメ昆布の強力なネバリ成分「フコイダン」を含んだサプリなどをご紹介しています。
TaKaRaフコイダンシリーズのご購入ならTaKaRa健康通販。