健康の伝承「昆布ロード」/昆布がいつごろから食べられ、どのように広まっていったのかをご紹介します


北の海で採れる昆布がなぜ沖縄で食されているのか

北前船

沖縄の郷土料理の一つに、「クーブイリチー」というものがある。
昆布の細切りと豚肉などを炒め煮にしたもので、沖縄では非常にポピュラーなものだ。
沖縄の人が昆布好きというのはよく知られているが、これを聞くと多くの人は、「沖縄は四方を海に囲まれた県だから、
昆布がとても身近な食材なのだろう」と思うようだ。しかし、これは大きな間違いである。

続きを読む

昆布はいつごろから食べられていたのか

貴重品だった昆布

日本人は昆布をいつごろから食べていたのだろうか。
一説では縄文時代から食されていたというが、四方を海で囲まれていることを考えれば不自然なことではない。しかし、
当時の食生活は木の実や獣肉、魚介類が中心であって、また当時これらの食材はかなり豊富にあったと推定されており、
海藻類はほんの補助食品だったと考えられる。

続きを読む

昆布はどのように流通していったのか

加速する昆布流通

江戸時代に入り、河村瑞賢(ずいけん)によって西廻り航路が開かれると、昆布流通はさらに加速した。
福井県の敦賀を経由してさらに日本海を進み、下関をまわって大阪に入るルートができた。
これによって、京都を経由せず堺などの港に直接昆布が入るようになり、関西一円に流通するようになった。

続きを読む

薩摩藩の財政危機を救った昆布の力

昆布ロード

当時財政危機に陥っていた薩摩は、密貿易によって藩政立て直しを画策していた。
ほぼ属国状態であった琉球を介して清と貿易し、当時は大変な貴重品であった漢方の材料を大量に輸入することで
莫大な利益を得、そしてその漢方薬が富山商人によって全国各地へ運ばれたのである。

続きを読む

長寿の地、沖縄になぜ昆布料理が多いのか

沖縄料理の代表格「クープイリチー」(昆布と豚肉の野菜炒め煮)

沖縄の食生活で昆布のほかに忘れてならないのが、豚肉を多く食べることである。
その調理法には「湯通しして余分な脂分を取り除く」「野菜や昆布など、ミネラル豊富な食材と組み合わせる」といった特徴がある。
「クーブイリチー」はその代表だが、それ以外にも豚肉と昆布を組み合わせた料理がたくさんある。

続きを読む

▲ページの先頭へ戻る

TaKaRa健康通販ではガゴメ昆布の強力なネバリ成分「フコイダン」を含んだサプリなどをご紹介しています。
TaKaRaフコイダンシリーズのご購入ならTaKaRa健康通販。